ドレン処理用装置、ドレントラップ、エアーフィルター、エアーコンプレッサー周辺機器の製造、販売メーカー

除菌フィルター

フクハラ「除菌フィルター」の除菌性能は、業界一の「LRV≧8」

「LRV≧8」とは、1次側に一億個(10)の菌を流しても、2次側は1個以下であることを示しています。

圧縮空気中に含まれる細菌の調査結果例、表1、表2に見られるように、圧縮空気中より一般細菌、カビ、酵母が検出されている。
しかし大腸菌は大気中にはほぼ存在しない為、調査結果も陰性となっている。
細菌数はエアーコンプレッサーの設置環境条件にて異なることが分かる。

除菌性能 LRVの表示(JIS K 3835参照)

[LRV]=log10×([チャレンジ菌数]/[漏洩菌数」)

○計算例(除菌フィルター第1回)※「除菌フィルター性能例を参照」

LRV=log10×(4.2×10/1)≒8.6 ∴LRV≧8

※二次側の菌が0の場合は、漏洩菌数は1を用います。

■除菌フィルター評価用指標菌:シュドモナスデミヌータ(Pseudomonas diminuta)

除菌フィルターの定義

一般に10個の指標菌をチャレンジさせて、2次側に漏洩する菌数は1個以下であること。
対数減少値(LRV:Log Reduction Value)で表示するとLRV≧8となります。

指標菌による測定

フィルターの孔径に適した指標菌(微生物)を実際にろ過し、その捕集性から孔径を管理する手段で、一般にはメンブランフィルターの管理に使用されます。

除菌フィルターの性能例

除菌フィルターの性能例

製品名除菌フィルター
指標菌シュドモナスデミヌータ
1次側2次側
第1回4.2×1080個
第2回6.0×1080個
第3回3.5×1080個
試験依頼機関(一財)北里環境科学センター 2015年3月

(表1) エアーコンプレッサー吐出空気中に含まれる細菌数の例


コンプレッサー
方式
給油式レシプロ
0.75kW
給油式レシプロ
0.75kW
給油式スクリュー
22kW
圧力1.4MPa1.4MPa0.7MPa
検査結果一般細菌数10個以下/mL580個/mL140個/mL
試験依頼機関神奈川県
衛生研究所
横浜市衛生研究所

(表2) エアーコンプレッサーのドレン中に含まれる細菌数の例


コンプレッサー
方式
給油式レシプロ無給油式
レシプロ
0.75kw2.2kW37kW75kW1.5kW
圧力1.4MPa0.8MPa0.7MPa0.7MPa0.7MPa
検査結果 一般細菌数 100個/mL14万個/mL8,000個/mL2,100個/mL9,800個/mL
カビ・酵母 60個/mL70個/mL40個/mL35,000個/mL15個/mL
大腸菌群 陰性
試験依頼機関 神奈川県衛生研究所

主な細菌の大きさ

菌種大きさ(μm) 菌種大きさ(μm) 菌種大きさ(μm)
黄色
ブドウ球菌
径0.8~0.9 霊菌0.5×0.5~1.0 炭疽菌1.0~1.5×3.0~8.0
化膿レンサ
球菌
径0.5~0.75 緑膿菌0.3~0.5×1.0~2.0 枯草菌0.5~0.8×1.5~3.0
淋菌径0.6~0.8 コレラ菌0.2~0.4×1.5~4.0 ウェリッシュ菌0.5~1.2×3.0~10.5
大腸菌0.5~0.6×1.0~3.0 腸炎
ビブリオ
0.2~0.4×1.5~4.0 破傷風菌0.4~0.6×2.0~5.0
赤痢菌0.5~0.7×2.0~3.0 結核菌0.3~0.5×1.2~4.0 ボツリヌス菌0.9~1.2×4.0~6.0
チフス菌0.4~0.6×1.0~3.0 ジフテリア菌0.3~0.8×1.0~8.0 梅毒
トレポネマ菌
0.25~0.3×8.0~14.0
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせは、お電話またはメールからどうぞ