ドレン処理用装置、ドレントラップ、エアーフィルター、エアーコンプレッサー周辺機器の製造、販売メーカー

ドレン処理装置

ドレンデストロイヤー ADP型・ADPL型

大規模コンプレッサー室のドレン処理に最適です。

適用コンプレッサー 220kW, 440kW, 660kW, 880kW, 1100kW

ADP220型 ADP440型 ADP660型 ADPL880型 ADPL1100型
ADP220型 ADP440型 ADP660型 ADPL880型 ADPL1100型

ドレンデストロイヤーADP型・ADPL型特長

大規模コンプレッサー室のドレン処理を目的とし、高濃度で乳化状態の強いドレンも大容積のドレン分離槽や浮上油製造装置との組み合わせによって処理を可能とした万能型のドレン処理機です。

また他機種とは違いポンプ内蔵の自吸式ですので既設客先ピットを有効利用できます。

ドレンデストロイヤーADP型・ADPL型処理フロー

ADP型処理フロー

ドレンデストロイヤーADP型・ADPL型取付例

コンプレッサーが1台の場合

ADP型取付例

コンプレッサーが2台の場合

ADP型取付例

ドレンデストロイヤーADP型・ADPL型仕様

型式 ADP220-1 ADP440-1 ADP660-1 ADPL880-1 ADPL1100-1
適用
コンプレッサー
総合計
220kW以下
総合計
440kW以下
総合計
660kW以下
総合計
880kW以下
総合計
1100kW以下
処理後の
油分濃度
5ppm以下(n-ヘキサン抽出物質)(注1)
処理方式フィルター槽方式(使用済み槽は当社にご返却ください)
フィルター槽
本数
A槽×2
B槽×2
A槽×4
B槽×4
A槽×6
B槽×6
A槽×8
B槽×8
A槽×10
B槽×10
全処理量
150ppm時
110,000L220,000L330,000L440,000L550,000L
全処理量
300ppm時
55,000L110,000L165,000L220,000L275,000L
フィルター
エレメント
交換方法
槽ごと交換します。槽にはフィルターエレメントが緻密に詰め込んであり、貴社で詰め込むことはできません。当社にてフィルターエレメントを詰め替えて貴社に発送します。(有償)
最大処理能力 60L/h
(50Hz)
72L/h
(60Hz)
100L/h
(50Hz)
120L/h
(60Hz)
170L/h
(50Hz)
200L/h
(60Hz)
260L/h
(50Hz)
310L/h
(60Hz)
320L/h
(50Hz)
380L/h
(60Hz)
運転方法自動運転・ポンプでドレンを圧送処理(レベルスイッチを設置することで、自動運転または手動運転が可能です)
ポンプ電源・出力AC100V 50Hz/60Hz・200W
運転圧力0.6MPa (ポンプレリーフバルブ 0.8MPa)
最高使用圧力0.6MPa
入口・出口口径Rc1/2 (出口側に清水確認槽の設置をお願いします)
外形寸法 mm 655(W)
×
780(D)
×
1,5252(H)
1,280(W)
×
780(D)
×
1,527(H)
1,895(W)
×
910(D)
×
1,527(H)
3,210(W)
×
900(D)
×
1,450(H)
3,710(W)
×
900(D)
×
1,450(H)
質量145kg230kg330kg750kg900kg
塗装若草色 (マンセル 7.5GY5/4.5)
用意していただく物ドレン分離槽・清水確認槽
ドレン分離槽
(別売品)(注2)
DST-125DST-250DST-500W
または
DST-500L
DST-1500FDST-2500F
または
DST-3500F
清水確認槽
(別売品)
CWT-8CWT-43

(注1)
全国排水基準値より厳しい都道府県の条例排水基準(3ppm以下)にも対応できます。

(注2)
レシプロコンプレッサーおよび高圧コンプレッサーのドレンを処理される場合はお問い合わせください。
ドレン分離槽を大きな物、または浮上油製造装置等が必要となる場合があります。

凍結防止仕様

ADP440-H型 凍結防止仕様

ADP型凍結防止仕様
型式 ADP220-H ADP440-H ADP660-H ADPL880-H ADPL1100-H
温風ヒーター
型式
SF-193A別途打合せ
電源電圧
周波数
AC100V 50/60Hz
加温方式電気ヒーター、サーキュレーター式
使用周囲温度-10~50℃
温度調整
方式
バイメタル式温度調整
温風ヒーター
消費電力
200W
安全装置過熱防止サーモスタット、温度ヒューズ
取付個数1個2個3個
温風ヒーター
質量
850g
外形寸法 670(W)
×
850(D)
×
1,600(H)
mm
1,310(W)
×
920(D)
×
1,600(H)
mm
1,950(W)
×
850(D)
×
1,600(H)
mm

ドレンデストロイヤーADP型・ADPL型ランニングコスト

型式 ADP220 ADP440 ADP660 ADPL880 ADPL1100
油分濃度
(注1)
全処理量(L)ランニング
コスト
(円/L)(注3)
全処理量(L)ランニング
コスト
(円/L)(注2)
全処理量(L)ランニング
コスト
(円/L)(注2)
全処理量(L)ランニング
コスト
(円/L)(注2)
全処理量(L)ランニング
コスト
(円/L)(注2)
50ppm 330,0000.9 (0.7) 660,0000.9 (0.7) 990,0000.9 (0.7) 1,320,0000.9 (0.7) 1,650,0000.9 (0.7)
100ppm 165,0001.6 (1.4) 330,0001.6 (1.4) 495,0001.6 (1.4) 660,0001.6 (1.4) 825,0001.6 (1.4)
150ppm 110,0002.5 (2.1) 220,0002.5 (2.1) 330,0002.5 (2.1) 440,0002.5 (2.1) 550,0002.5 (2.1)

(注1) 油分濃度は、コンプレッサーの稼動条件、オイル消費量、負荷率、周囲環境(温度・湿度)によって変化します。
(注2) 全処理量(年間ドレン発生量)は、ドレン分離槽(別売品)通過後の油分濃度(100ppm)を基準値として計算しています。
(注3) ランニングコストで、( ) 内の価格は、槽を返却し詰め替えた時のコストです。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせは、お電話またはメールからどうぞ