ドレン処理用装置、ドレントラップ、エアーフィルター、エアーコンプレッサー周辺機器の製造、販売メーカー

ドレン処理装置

ドレンデストロイヤー PSD型

環境に配慮した新世代エアーコンプレッサー専用ドレン処理装置。
無電源です。

小型のコンプレッサーや配管ドレンの局所処理を目的に開発され、自然落下方式を採用しており動力不要、他の箇所から発生したドレンを手動投入することも可能です。
(長時間滞留した古いドレンは処理できません。)

スクリューエアーコンプレッサー専用 適用コンプレッサー 8kW, 15kW, 22kW

PSD8型 PSD15型 PSD22型
PSD8型 PSD15型 PSD22型

ドレンデストロイヤーPSD型特長

  1. 大きな処理量と安価な処理費
    PSD8 :150ppm時 8,000L・6.9円/L
    PSD15:150ppm時 12,000L・4.2円/L
    PSD22:150ppm時 24,000L・4.0円/L
  2. 無電源装置
    PSD型は自然落下方式によるドレン処理。
  3. 非常にシンプルな構造なので
    ほとんど故障はありません。
  4. 特殊フィルターだけで1981年よりエマルジョン(乳化油)を処理しています。
    スラッジの発生もないため人手がまったくかかりません。(特許取得済)
各部名称
各部名称

ドレンデストロイヤーPSD型処理フロー

PSD型処理フロー

ドレンデストロイヤーPSD型取付例

PSD型取付例

ドレンデストロイヤーPSD型仕様

型式 PSD8 PSD15 PSD22
適用
コンプレッサー
スクリュー 総合計して8kW以下総合計して15kW以下総合計して22kW以下
レシプロ総合計して5.5kW以下総合計して11kW以下総合計して15kW以下
処理水の油分濃度5ppm以下(n-ヘキサン抽出物質)
処理方法フィルター槽方式
最大処理能力5L/h5L/h10L/h
運転方式自然落下方式
(電磁式ドレントラップからのドレン圧送による自動運転、または手動運転)
PSD槽またはP-XAB槽の交換方法 本体ごと交換。取り外した本体は弊社に返却してください。汚染されたエレメント及び部品は弊社が責任をもって処理します。 下部のP-XAB槽を交換。同時に上部のP18型分離槽内のひも状吸油材(SOC-05)も交換してください。汚染されたエレメント及び部品は弊社が責任をもって処理します。
PSD槽の寿命8,000L
(油分濃度150ppm時)
P-XAB槽の寿命12,000L
(油分濃度150ppm時)
24,000L
(油分濃度150ppm時)
ひも状吸油材の寿命P-XAB槽交換と同じ
ひも状吸油材の交換方法P18型分離槽のフタを開いて中身を交換。
使用温度2~50℃(ただし、ドレン水が凍結しないこと)(注3)
最高使用圧力1.5MPa(電磁式ドレントラップの排出圧力。槽は大気開放。)
入口・出口口径Rc1/4
外形寸法 376(W)×
310(D)×
438(H)mm
472(W)×
385(D)×
1,080(H)mm
804(W)×
385(D)×
1,080(H)mm
質量(空質量)約6.3kg約17kg約30kg

(注) 0℃以下の時は、凍結対策をしてください。

凍結防止仕様

型式 PSD8-H PSD15-H PSD22-H
温風ヒーター型式SF-193A
電源電圧・周波数AC100V 50/60Hz
使用周囲温度-10~50℃
加温方式電気ヒーター
サーキュレーター式
温度調整方式バイメタル式温度調整
温風ヒータ消費電力200W
安全装置過熱防止サーモスタット
温度ヒューズ
取付個数1個
温風ヒーター質量850g
本体外形寸法 472(W)×
400(D)×
750(H)mm
472(W)×
400(D)×
1,110(H)mm
804(W)×
400(D)×
1,110(H)mm
PSD型凍結防止仕様
PSD15-H型 凍結防止仕様

ドレンデストロイヤーPSD型ランニングコスト

型式 PSD8 PSD15 PSD22
油分濃度
(注1)
全処理量
(L)

(注2)

ランニング
コスト
(円/L)
全処理量
(L)
ランニング
コスト
(円/L)
全処理量
(L)
ランニング
コスト
(円/L)
50ppm 24,0002.3 36,0001.4 72,0001.3
100ppm 12,0004.6 18,0002.8 36,0002.7
150ppm 8,0006.9 12,0004.2 24,0004.0

(注1)油分濃度はコンプレッサーの稼動条件、オイル消費量、負荷率、周囲環境(温度・湿度)によって変化します。
(注2)全処理量(年間ドレン発生量)は、ドレン分離槽通過後の油分濃度(100ppm)を基準値として計算しています。(PSD8型を除く)

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせは、お電話またはメールからどうぞ