ドレン処理用装置、ドレントラップ、エアーフィルター、エアーコンプレッサー周辺機器の製造、販売メーカー

ドレン処理装置

ドレンデストロイヤー XSD型

フクハラのドレン処理装置は、環境配慮製品。
無電源です。

比重差分離槽を持たないオールインワンタイプのドレン処理機。すべての処理工程を一つのフィルターで行う、全く手間いらずシリーズ。簡単メンテナンス、省スペース、廃棄物ゼロの製品で油消費量の少ない、ドレンを電磁弁排出する現行コンプレッサーにベストマッチします。

適用コンプレッサー 25kW, 50kW, 75kW

XSD25型 XSD50型 XSD75型
XSD25型 XSD50型 XSD75型

2011年01月より、XSD50・75型の減圧弁を廃止しました。

ドレン処理のスタンダード! ドレンデストロイヤーXSD型特長

  1. 大きな処理量と安価な処理費

    XSD25:150ppm時 12,500L・4.4円/L
    XSD50:150ppm時 25,000L・4.4円/L
    XSD75:150ppm時 37,500L・4.4円/L

  2. 大きな清水確認槽付(特許取得済)

    処理水の清水確認が容易にできます。

  3. XSD槽下部にはドレン分離槽付(特許出願中)

    油吸着材の寿命が延びます。

  4. 無電源装置

    XSD型は電磁式ドレントラップの排水圧力によりドレンを圧送します。

  5. 非常にシンプルな構造なのでほとんど故障はありません。
  6. 特殊フィルターだけで1981年よりエマルジョン(乳化油)を処理しています。

    スラッジの発生もないため人手がまったくかかりません。(特許取得済)

  7. 二次産廃不要、リユース、エコサイクル、サーマルリサイクル(特許出願中)

    使用済みのXSD槽は、架台から取り外して弊社にご返却してください。
    弊社で新品のフィルターエレメントに詰め替えて貴社にお送りします。

各部名称

ドレンデストロイヤーXSD型処理フロー

XSD型処理フロー

ドレンデストロイヤーXSD型取付例

XSD型取付例

ドレンデストロイヤーXSD型仕様

型式 XSD25 XSD50 XSD75
適用
コンプレッサー
スクリュー総合計して
25kW以下
総合計して
50kW以下
総合計して
75kW以下
レシプロ総合計して
15kW以下
総合計して
30kW以下
総合計して
45kW以下
処理水の油分濃度5ppm以下(n-ヘキサン抽出物質) (注1)
処理方法フィルター槽方式
最大処理能力10L/h20L/h30L/h
運転方式電磁式ドレントラップからのドレン圧送による自動運転(注2)
減圧方式ストレーナー内オリフィス
XSD槽の交換方法 XSD槽ごと交換してください。
使用済XSD槽は弊社に返却することで、二次産廃の処理が不要となります。
使用済XSD槽の部品の一部は新たな予備のXSD槽に使用いたします。
使用温度2~50℃(ただし、ドレン水が凍結しないこと)(注3)
最高使用圧力0.8MPa
入口・出口口径Rc1/2
XSD槽入口圧力ドレントラップ
使用時
0.02~0.3
MPa以下
ドレントラップ動作時 0.15MPa以下
外形寸法・質量 400(W)×
280(D)×
870(H)mm
約27kg
(空重量)
710(W)×
295(D)×
970(H)mm
約55kg
(空重量)
950(W)×
295(D)×
970(H)mm
約80kg
(空重量)
塗装黒色(マンセルN-1.0) 半ツヤ

(注1)
全国排水基準より厳しい都道府県の条例排水基準(3ppm以下)にも対応できます。

(注2)
ドレン集合管の一番上側に必ず弊社製シングルトラップ・ダブルトラップ・オートエアートラップ・電子トラップ・電子トラップⅡ
ドレックス700を1台以上取り付けてください。
また、スーパートラップを取り付ける時には取り扱い説明書を読み、ドレンの排出時間を極力短め(3秒間)に調整してください。

(注3)
0℃以下の時は、凍結対策をしてください。

凍結防止仕様

型式XSD25XSD50XSD75
温風ヒーター型式SF-193A
電源電圧・周波数AC100V 50/60Hz
使用周囲温度-10~50℃
加温方式電気ヒーター、サーキュレーター式
温度調整方式バイメタル式温度調整
温風ヒータ消費電力200W
安全装置過熱防止サーモスタット、温度ヒューズ
取付個数1個
温風ヒーター質量850g
本体外形寸法 540(W)
×
370(D)
×
1,200(H)mm
770(W)
×
370(D)
×
1,200(H)mm
1,000(W)
×
370(D)
×
1,200(H)mm
XSD型凍結防止仕様
XSD25-H型
凍結防止仕様

ドレンデストロイヤーXSD型ランニングコスト

型式XSD25XSD50XSD75
油分濃度(注1) 全処理量(L)
(注2)
ランニングコスト
(円/L)
(注3)
全処理量(L)ランニングコスト
(円/L)
全処理量(L)ランニングコスト
(円/L)
100ppm18,750 3.0 ( 2.6 )37,500 3.0 ( 2.6 )56,560 3.0 ( 2.6 )
125ppm15,000 3.7 ( 3.2 )30,000 3.7 ( 3.2 )45,000 3.7 ( 3.2 )
150ppm12,500 4.4 ( 3.8 )25,000 4.4 ( 3.8 )37,500 4.4 ( 3.8 )
寿命の判定方法 清水確認槽の処理水が白濁してきたら、フィルターエレメントの交換時期です。
日常の管理として、清水確認槽を目視にて点検してください。

(注1)油分濃度は、コンプレッサーの稼動条件、オイル消費量、負荷率、周囲環境(温度・湿度)によって変化します。
(注2)全処理量(年間ドレン発生量)は、ドレン分離槽通過後の油分濃度(125ppm)を基準値として計算しています。
(注3)ランニングコストにおいて、( )内の金額は、槽を返却し詰め替えた場合の金額です。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせは、お電話またはメールからどうぞ