ドレン処理用装置、ドレントラップ、エアーフィルター、エアーコンプレッサー周辺機器の製造、販売メーカー

コンプレッサーオイル用ドレントラップ

オイルクリーンハンター

スクリューエアーコンプレッサー専用 オイル除水装置
適用スクリューコンプレッサー 150kW以下

2017年11月 型式変更

コンプレッサーはドレン(水)も作り出す機械です。

オイルの大敵はドレン(水)です。
連続運転中でもドレンの排出ができます。
中圧コンプレッサーでの利用に適しています。

本器は、コンプレッサーのオイル中に含有している水粒子(ドレン)をコアレッサエレメントで
主体的・強制的に拡大・分離させ、そして排水します。
これにより、オイルを長期間クリーンに保ち、コンプレッサーの長寿命化に貢献します。

オイルクリーンハンター

特長

  1. 中圧コンプレッサーにも使用できます。
    低圧コンプレッサーと比較すると、ドレン発生量が多いからです。

  2. コンプレッサー運転中でもドレン抜きが自動的にできます。
    手動テストスイッチで、ドレンの手動排出ができます。

  3. 安全装置と故障の報知
    ドレン排出ごとに赤ランプが点灯します。
    万が一故障が発生した場合は、赤ランプが点灯したままになり、故障をすばやく知らせます。
    同時に安全装置が働き、誤ってオイルを排出してしまうことはありません。

  4. 検流器を標準装備
    検流器を標準装備していますので、オイルが循環していることを確認できます。
    よって、Y型ストレーナ等の詰まりが確認できます。

  5. 標準取付部品付属
    現在使用中のエアーコンプレッサーへ取り付けるための部品を付属しております。

取付例・運転確認

(1)配管・据付・油量の確認

  1. 本装置への入口は、オイルタンクのドレン孔に接続してください。出口は差圧のあるオイル回路、たとえばオイルクーラーのドレン孔に接続してください。
  2. 本装置はコンプレッサーより2m以内、および同じ床面に設置してください。
  3. 本装置設置後、約2.8Lのオイルをオイルタンクに追加補充してください。
  4. オイル補充後は、適正量か必ず確認してください。
  5. 循環孔をオイルタンク、または圧縮空気回路には絶対に接続しないでください。 コンプレッサー故障の原因となります。

(2)本装置試運転確認

  1. コンプレッサーを起動させてしばらく運転させた後、検流器にライトを照らし、オイルが流れていれば、オイルが正常に循環しています。
  2. 運転中、オイルの漏れがないか確認してください。
  3. 定期的に検流器にライトを照らし、オイルが流れているかを確認してください。オイルが流れていない場合は、Y型ストレーナ・オリフィス・セパレータ・コアレッサエレメント等の詰まりが考えられますので、点検・清掃・交換をしてください。
オイルクリーンハンター取付例

仕様

型 式 (旧型式) OCH150A-16-1 (OCH150W-1)OCH150A-16-2 (OCH150W-2)
電源電圧・周波数・定格電流 AC100V 50/60Hz・0.5A単相AC200V 50/60Hz・0.25A
適用コンプレッサー・使用圧力範囲150kW以下・0.2~1.6MPa
ドレン排出方式 センサー(フロート)による自動排出、手動スイッチによる手動排出
ドレン排出量・内容積 0.7MPa時:約120cc/3秒 1.6MPa時:約180cc/3秒
フロート室内容積 2.8L
異常警報 多量のドレンでフロートスイッチが3秒以上動作する時、赤色の警報ランプが点灯
検流器 標準装備、潤滑油の循環を目視で確認できます。確認用ライト付。
使用周囲温度・オイル温度範囲 0℃~40℃ (但し、ドレン水が凍結しないこと) ・ 2℃~95℃
使用流体コンプレッサーメーカー様が指定したコンプレッサーオイル
循環油入口・出口口径 Rc1/2 ・ Rc1/2
ドレン排出口径 Φ8ボールバルブ
交換エレメント型式 コアレッサエレメント:CFH-0702A
(セパレータは交換不要です。洗浄をして使用してください。)
エレメント交換時期 6,000時間または1年のどちらか早い方
(オイルはコンプレッサーメーカー様の所定交換時間に従って交換してください。)
寸法・質量W325mm×D313mm×H531mm ・ 約17kg
本体色若草色(マンセル7.5GY6/7)
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせは、お電話またはメールからどうぞ